体験談(社会人編)

読書が私の人生に与えてくれたもの

体験談(社会人編)

まえきんです!

今日は、読書をしたら自分の世界が変わったというお話をします。

私は大学院を卒業するまで、ほとんど読書をしてきませんでした。

さすがに大学の教科書や研究をする上で文献を読むなど、最低限の

活字には触れてきましたが、書店に売っている活字の本には目も暮れず、

ほとんど漫画や雑誌ばかり読んでいました。(誇張ではなく、、これガチです)

社会人になり、さすがにいろんな意味でこのままじゃいけないと思い、

ひとまず自分が気になっていることや、興味があるもの、書店に行った時に

目に止まったものを中心に出来るだけ活字に触れるようにしました。

活字アレルギーを乗り越え、実際に活字の本を読んでみたら衝撃!

世の中にはこんなに立派で努力している方々がたくさんいて、ものの考え方、

仕事との向き合い方、成果を出すことのカッコよさを知ることができて、私の心は

躍りっぱなしでした。同時に、その気になればいつでも触れられた目の前の財産を

今までスルーしていたことを悔い、成功している人の並々ならぬ努力を知り、

自分のだらけた人生が情けなく思えて、自分も変わりたい!成果を出したい!

と思うようになりました。自分自身の体験談として、中でも一番変わったなと

思ったのは意識です。

意識が変わる→行動が変わる→結果を出す→

周囲の評価が変わる→信頼される→大きな仕事を任される

・・・といった感じで、結果それが昇進や収入UPに繋がっていきました。

他にも、スキルアップの一環として勉強しているExcel VBAの書籍を自発的に

読むようになったのも、こうした意識の変化があってこそのアクションだと思います。

今の私は、過去の自分をはるかに凌駕していると自負しています。読書は何らかの

影響を私たちに与え、成長の手助けをしてくれます。どんな本を読むのかについては、

価値観は人それぞれだと思いますのでピンポイントなことは言えませんが、冒頭にも

あったように今自分が気になっていることや、興味があるもの、書店に行った時に

目に止まったものから読むといいと思います。人からおすすめされても、興味が

なければ自発的に動けないし、途中で飽きてくる可能性が高いからです。

まずは、今の自分が必要としていることが書かれた本を読むのがよいと思います。

読書をしてINPUTしたら、例えば今度はそれを自分の仕事ではどう活かせるかを

考えて思いついたことや試してみたいこと、先人から学んだノウハウを必要な分だけ

うまく取り入れ、普段の仕事にOUTPUTしていきます。

こうした習慣の積み重ね・継続こそが何にも増して最強だと、私は信じています😊

最後まで読んで頂いてありがとうございました。ではまた!

👆よろしければ、「いいね」よろしくお願い致します!
ブログ運営のモチベ上がります😄

ブログランキング・にほんブログ村へ
👆ブログランキングに参加しました!
よろしければ、応援よろしくお願い致します!
スポンサーリンク
\シェアする/
新・まえきんブログ

コメント