Excel VBAコード学習200選

【Excel VBA学習 #84】入力規則とエラーメッセージのスタイルを設定する

まえきんです!

今回は入力規則とエラーメッセージのスタイルを設定する

方法について学習しましたのでご紹介します。

f:id:maekinblog:20210420220524p:plain

今回はA1セルに対して入力時の日付の制限と入力規則に反した場合には

エラーメッセージを表示するマクロを考えます。

A1セルに2021/04/20以降の日付しか入力を認めないようにします。

ただ、今回メインでご紹介するのはここではなく、

エラーメッセージのスタイルの設定がメインです。

このスタイルは3種類あり、「停止」「注意」「情報」があります。

■参考:AlertStyleの引数の種類

xlValidAlertStop:停止

xlValidAlertWarning:注意 ←今回設定するのはコチラ

xlValidAlertInformation:情報

 

簡易的にマクロの実行ボタンを作成、上記のコードを実行して、

セルA1に2021/04/19以前の日付を入力すると下記のように結果が得られます。

【実行前】

f:id:maekinblog:20210420221031p:plain

【実行後】

f:id:maekinblog:20210420221049p:plain

エラーメッセージのスタイル「注意」に該当するエラーメッセージが

表示されていることが確認できました。「停止」や「情報」も用途に

応じて試してみようと思います!

次回#85は「日本語入力に関する入力規則を設定する」

VBAコードについて学習予定です。

最後まで読んで頂きありがとうございました!ではまた!

👆よろしければ、「いいね」よろしくお願い致します!
ブログ運営のモチベ上がります😄

ブログランキング・にほんブログ村へ
👆ブログランキングに参加しました!
よろしければ、応援よろしくお願い致します!
スポンサーリンク
\シェアする/
新・まえきんブログ

コメント