Excel VBAコード学習200選

【Excel VBA学習 #134】リストボックスで常に最下行を表示する

まえきんです!

今回はリストボックスで常に最下行を表示する

方法について学習しましたのでご紹介します。

f:id:maekinblog:20210914232159p:plain

f:id:maekinblog:20210914231451p:plain

上記のようにセルにデータをセットした状態で

ユーザーフォームのリストボックスを起動します。

※今回B列はマクロの処理に影響しないため無視しても問題ありません

f:id:maekinblog:20210914231711p:plain

ここで、最下部に配置したコマンドボタンを押下してみます。

そうすると以下のような結果になります。

f:id:maekinblog:20210914231744p:plain

リストボックスにデータを登録すると、通常はリストボックスの上部が表示されます。

データを追加した際に常に最下行に表示させるようにするにはListIndexプロパティを

操作することで実現できます。今回リストボックスの最下行に登録されているデータは

「プレ登録5」で表示されていることが確認できます。

次回#135は「コンボボックスにデータを登録する」VBAコードについて学習予定です。

最後まで読んで頂きありがとうございました!ではまた!

👆よろしければ、「いいね」よろしくお願い致します!
ブログ運営のモチベ上がります😄

ブログランキング・にほんブログ村へ
👆ブログランキングに参加しました!
よろしければ、応援よろしくお願い致します!
スポンサーリンク
\シェアする/
新・まえきんブログ

コメント